診療部門

内科(血液内科)のご案内

当院では内科部門において①一般内科②血液内科の2分野に対応した診療を行っております。
それぞれの分野につきましては下記をクリックしてください。

内科の外来診察時間

平日の8:30から12:30までとなっております。
(受付最終時間は12:00です)
※なお急患に関してはこの限りではありません。

内科分野名 担当Dr.名 診察時間
一般内科 阿多 雄之 平日 8:30~12:30
血液内科 石崎 淳三

内科は原則予約制になっております。
受診をご希望の方は事前にお電話にてお問い合わせください。

お問い合わせ先

TEL 0987-23-3131

(お電話の際には、「内科の予約について」とお伝えください)

入院病棟について

当院ではこれらの内科分野に対応した入院病棟を併設しております。
当院病棟は「患者さまに・そして職員にも快適さを」をコンセプトに、病室、廊下、スタッフステーション等ゆとりある設計となっています。
また血液疾患に対応した無菌治療室、個室、特別室も完備しております。
患者さまに快適に入院生活をお送りいただきながら、できるだけ早く入院前の健やかな状態に回復していただけるよう、医師・看護師・リハビリ・栄養士等、多くの職種のスタッフが連携して詳しい検査、治療などの専門的、かつ良質な医療ケアに当たってまいります。

なお入院の手続き等については下記をクリックしてください。

一般内科

当院の一般内科では、主に生活習慣病、消化器疾患、急性期の感染症、脳血管障害後遺症、認知症等の診療を行っています。

感染症の治療については、外来および病棟に感染症室(陰圧室)を設けており、室内の空気やウイルスが外部に漏れないように気圧を調整している診察室および病室にて治療をします。

その他特定検診(特定健康診査)の受け入れをしています。対象者の方は、日南市、串間市の40歳から74歳の被保険者、被扶養者が対象です。くわしくはご所属の健康保険組合にご確認ください。

血液内科

血液内科とは、内科の病気のなかで主に血液疾患を担当する診療科です。血液疾患とは血液や骨髄、リンパ節に起こる病気、特に貧血や出血傾向、血液やリンパ節の腫瘍などを含み、内科疾患の10%程度を占めるといわれています。純粋な血液疾患の他に、胃潰瘍などの消化管出血による貧血や、膠原病や肝疾患に伴う血球減少やリンパ節腫大の患者さまが受診されることもあります。頻度の少ない疾患を担当するので、専門医が常勤している施設は少なく、南那珂地区では現在のところ当院だけです。しかしながら取り扱う病気は、進行が早く、様々な合併症を伴い、特殊な知識、対応が必要とされるものが多いので、専門的な治療が必要です。

当院の外来では、診断のための血液検査や骨髄検査、病状評価のためのCT検査や上部および下部消化管内視鏡検査を実施したり、輸血や内服薬、点滴などによる外来化学療法を行っています。また当院ではMRIを使った検査も可能です。病棟では、常時十数名の血液疾患の患者さまが入院治療を行っています。

当院で治療を行っている血液疾患の主なものとしては、悪性リンパ腫、成人T細胞白血病、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病などが挙げられます。当院では理学療法士などのリハビリのための資源が充実しているので、高齢の患者さまを治療する際に非常に心強く感じられます。骨髄移植などの造血幹細胞移植が必要な患者さまは、宮崎市内や県外の移植施設と連絡をとり、紹介させていただいています。放射線治療が必要な患者さまは、主に県立宮崎病院あるいは宮崎大学医学部附属病院に紹介させていただきます。

南那珂地区の血液内科施設として、患者さまに安心して受診していただけるよう診療に取り組んでおりますので、よろしくお願いします。