社会福祉法人 愛泉会日南病院

クリニカルラダーIV(臨床実践能力習熟度段階のレベル別到達目標)

  • ホーム
  • 看護部
  • クリニカルラダーIV(臨床実践能力習熟度段階のレベル別到達目標)

クリニカルラダーIV(臨床実践能力習熟度段階のレベル別到達目標)

レベルIV

到達目標
  • 独自の意思決定基準を持ち、予測困難な場面にも臨機応変に対応できる
  • 看護部の目標を踏まえ、看護専門職の役割モデルとして、看護単位の活性化に貢献できる
  • 専門領域における教育的役割がとれる
看護実践能力
  1. ベットサイドでケアを行いながら、スタッフ、患者、家族に支援的コミュニケーションをとることができる
  2. 看護技術の向上を促進させるための具体的行動がとれる
  3. 必要な看護記録の記載と指導ができる
  4. 病院理念、看護部理念に基づき、倫理的視点で看護ケアの実践と指導ができる
  5. 問題発生時に速やかに師長に報告、相談し、共に解決に向けた行動がとれる
  6. 臨床専門領域においてモデルを示し、実践・指導できる
  7. 患者の理解と患者・家族との良好な人間関係の確立について実践、指導ができる
到達目標
  • 単位における課題を明確にし、目標を示しながら中間管理者の行動がとれる
  • 目標管理を行うことが出来る
  • 問題解決や目標達成に向けてリーダーシップを発揮する
組織的役割遂行能力
  1. 患者の状況やニーズ、スタッフの能力、業務内容等を考慮し、管理代行業務ができる。
  2. 各単位の目標決定や活動と方針の作成にかかわり、それを推進するリーダーシップが発揮できる(目標管理)
  3. 災害時における看護体制が看護師長とともに取れ、リーダーシップがとれる
  4. 看護管理上の問題や倫理的問題に直面した時、その解決のために対策を考え 行動できる
  5. 各委員会の活動内容や取り組みを知り、活動への協力ができる
  6. インシデントレポートの分析結果に基づいた防止対策への取り組みや、発生時の迅速な対処方法を指導することができる
  7. チームのモチベーションを高めることができる
  8. 他部門との協働関係を築き問題解決のための交渉ができる
到達目標
  • 各単位における教育的役割がとれる
  • 職員教育チェックリストを活用し、スタッフ指導ができる
  • 看護学生、レベルI※、II、IIIの看護師に対して指導的立場がとれる
  • 研究活動を支援・指導ができ、看護の質向上に貢献できる
    ※新人看護師とレベルIは同じと考える
自己教育・研究能力
  1. 院内外研修に参加し看護実践に役立てることができる
  2. 院内看護研究に参加し、助言、支援的役割がとれる
  3. スタッフが専門発達を遂げるように支援し活動できる
  4. 看護の専門職として、研究的視点で看護スタッフの指導、技術の向上をはかる
  5. レベルI、II、IIIの看護師に対し到達目標が達成できるように導くことができる
  6. 各部署のニーズの応じた学習を企画・運営できる

クリニカルラダー

このページの先頭へ