社会福祉法人 愛泉会日南病院

クリニカルラダーI(臨床実践能力習熟度段階のレベル別到達目標)

  • ホーム
  • 看護部
  • クリニカルラダーI(臨床実践能力習熟度段階のレベル別到達目標)

クリニカルラダーI(臨床実践能力習熟度段階のレベル別到達目標)

レベルI 新人レベル

看護実践能力・組織的役割遂行能力・自己教育研修能力について、指導を受けながら実施できるようになることを目指す。

到達目標
  • 日常生活援助の為の基本的技術・態度を身につけ、ベッドサイドケアが安全、確実にできる。
  • 受け持ち患者のケアを通して看護の知識が深められる。
看護実践能力
  1. 患者の安全を確保することができる
  2. プライバシーに配慮した実践ができる 
  3. 患者、家族との人間関係を築く事ができる
  4. 基本的知識(バイタルサイン、検査値等の正常値、看護単位の代表的な疾患の病態生理、治療)を理解し日常のケアーに活用できる
  5. 看護計画を立案できる
  6. 看護過程を用いて、個別的な看護ケアを患者に提供できる
  7. 看護記録は記載基準に準じ記録することができる
  8. 看護基準・手順を用い、看護ケアの実際に活用できる
  9. 優先度を考えた看護実践ができる
  10. 救急カートの内容が分かり、患者急変時に指導者と共に対応できる
  11. 新人教育チェックリストに基づいて看護技術を自ら習得しようと 努力ができる
  12. 自分の行った看護実践に対して説明ができる
到達目標
  • 自分の役割と責任を認識しながら、支援、指導を自ら得ることができ、相談できる。
  • チームメンバーの役割を認識し、実践できる。
組織的役割遂行能力
  1. 看護部の理念、方針、所属部署の目標を知っている
  2. 就業規則が理解でき、実践できる
  3. プリセプターと共に目標設定のための活動に参加する
  4. 2年目は、目標管理用紙を使い、個人目標を掲げ取り組むことができる
  5. チームメンバーとして、業務上の報告、連絡、相談を適切に行う事が出来る
  6. 看護業務活動における経済的側面を意識し、破損等、気づいた事をすぐに報告できる
  7. 災害時対策について、説明でき自分の役割が言える
  8. 他部門の役割、業務内容を理解できる
  9. 日本看護協会の倫理綱領は看護師の行動指針であることを理解できる
到達目標
  • 院内研修に参加する
  • 院外研修に参加する
  • 自己の看護観を表現し、看護に対する課題を見つける
自己教育・研究能力
  1. 必要な専門知識、技術の向上のために自習的に学習できる
  2. 院内・院外研修に参加する
  3. 参加した研修の内容を職場で伝達できる
  4. 2年目でケーススタディを1事例取り組み、発表できる
  5. 自己の看護観を表現できる

クリニカルラダー

このページの先頭へ