社会福祉法人 愛泉会日南病院

平成29年度院内研修計画

平成29年度院内研修計画

1. 教育研修計画 [ 教育委員会行動計画表 ]

院内全職員対象研修・看護部研修

2. 看護部教育計画

目的 専門職としての知識と技術を高め、心豊かな療育や看護が提供できる看護師を育てる
目標 ・看護研究、院内発表への取り組みを通して、専門的知識の習得・技術の向上と自信を身につける
 (学会での発表を目指す)
・院内、院外研修への全員参加と療育マニュアルレポートの提出率の向上を目指す
・新規採用者、中途採用者、配置換え者の教育の充実
・各職種の実習性に対し効果的な実習や体験ができるように

1)新人教育

2)看護職員(看護師・准看護師)対象の教育

3)介護福祉士・看護補助者勉強会

4)重症心身障害児者教育計画

  • 対象者看護要員(看護師・准看護師・介護福祉士・看護補助者・保育士対象)
  • 看護職者 2年間 合計48単位
  • 介護福祉士・看護補助者・保育士 2年間 合計24単位

※全項目(プログラム)修了者に「重症心身障害療育基礎研修終了書(看護部門)または(介護部門)」を授与する

5)各病棟勉強会

  • 院外研修
    (看護協会など主催の研修、重症心身障害に関する研修、関係学会の発表と参加、その他の研修)

平成29年度 教育委員会行動計画表

主な予定

6月 看護研究発表
7月 ふれあい看護
8月 インターンシップ
9月 看護成果評価発表会
12月 看護成果評価発表会
1月 学会予演会
3月 看護成果評価発表会

会議担当

4月-5月 4月会議
6月-7月 6月会議
8月-9月 8月会議
10月-11月 10月会議
12月-1月 12月会議
2月 2月会議
3月 3月会議

看護研究進行状況

4月研究メンバーリーダー発表者選出
5月 企画書提出
6月 平成29年度研究発表

病棟勉強会

  外来 1病棟 2病棟 3病棟 5病棟
5月   虐待・接遇 輸血 接遇 救急対応①
6月 感染        
7月   救急対応 化学療法 感染 救急対応②
9月 内視鏡 人工呼吸器カフアシストNIPPV 血液データの見方 記録 救急対応③
11月   感染防止 記録 救急対応 救急対応④
12月 疾患と検査        
1月   摂食口腔ケア チェストドレーン・呼吸器 摂食・嚥下・口腔ケア 救急対応⑤
3月 ポジショニング 感染予防 腰痛対策(キネステティクス)    

ジェネラリスト

  • 摂食嚥下コース(5月~8月)
  • 看護倫理コース(5月~8月)
  • 救急看護コース(6月~9月)
  • 呼吸ケアコース(9月~12月)
  • 医療安全コース(10月~1月)
  • 感染コース(11月~2月)

療育基礎研修講義

4月 摂食障害 (言語聴覚士)
5月 リハビリ テーション
6月 健康管理
7月 感染症 合併症
8月 皮膚障害
9月 障害者への支援
10月 実態主病態
11月 移動介助
12月 消化器
1月 呼吸
2月 呼吸器
3月 心電図
輸液ポンプ操作法 AED取扱い

平成29年度 介護福祉士・看護補助者勉強会

研究企画

看護補助者勉強会

目的 勉強した事を伝える事で、自分達も再確認でき、スタッフ全員が共有できる。
目標 皆が同じ手技で出来るように知識を共有する事が出来る。
月日 学習内容 到達目標 方法
7月18日(火)
  • 3種類の吸引器の取り付け方とディスポの取り付け方
  • フットコールの取り付け方
  • タッチセンサーの取り付け方
  • ベッドマットの種類
取り付けたり、取替えたりする際、皆が同じ手技で出来るように知識を共有する吸引瓶・フットコール・タッチセンサーのセットの仕方から、取り付け方迄1行程ずつ写真に撮り、手順書を作成、ファイルにして、誰が見ても分かるように、目につく所に設置する。
ベッドマットの種類が、体圧と普通とあり、幅・長さが違うので、全種類を写真に撮り、同様ファイルを作成し、誰が見ても分かるように、目に付く所に設置する。

介護福祉士勉強会

目的 ①介護福祉士・看護補助者がより成長し、仕事に自信を持って主体的に臨めるようになる
目標 ①勉強会終了後、患者に継続して実践することができる
②勉強での学びから問題点を見出し、改善に繋げようとすることができる
月日 学習内容 到達目標 方法
7月19日(水) スライダーの使い方について①スライダーの正しい使い方を理解できる
②体験を通し、自分の介助方法を見直すきっかけを作る
各病棟にスライダーの使用状況についてアンケートを行い報告する。
スライダーを使った移乗体験(患者側、介助者側を体験する)
10月18日(木) 口腔ケアについて①口腔ケアの知識向上ができる
  • 口腔ケアの重要性とケアの流れについて講義する
  • 顏、口周り、歯肉マッサージ体験、手技体験
平成30年
2月21日(水)
    伝達講習

*重心病棟の介護福祉士は持ち回りで介護研究を行なう

 
このページの先頭へ