社会福祉法人 愛泉会日南病院

広報誌:うみがめ

うみがめ第15号

投稿日:2015.2.18

うみがめ15号新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申しあげます。

理事長 西島 英利

2015 年(平成27 年)がスタートしました。今年は未(ひつじ)年です。未には果実が熟しきれていない未熟な状態を表すという解釈と、「暗い」という意味で植物が茂り、暗く覆っている状態を表しているという二通りの解釈があるとされています。そして豊作への願いがこめられていると言われます。
愛泉会日南病院は、今年の10 月に今建設中の重症心身障害児(者)の病棟が完成します。新病棟は広々としたスペースで、その中でリハビリをしながら療養生活を送っていただくための建物になっています。また昨年完成した2病棟は、一般内科病棟ですが明るく広さを感じさせる造りにしました。しかし、この建物を生かすのも働くスタッフ達が、患者さん達のために役立つ充実した知識を持っていなければなりません。今年は職員の研修を通じてさらなる質の向上につとめていきますので皆様方の御指導、御助言をよろしくお願い申し上げます。そして病院がより成熟した病院になるよう努力いたします。

「主役はあなたです」

院長 春山 康久

謹んで新年の慶びを申し上げます。
今年も宜しくお願い申し上げます。

長年の懸案でありました愛泉会日南病院の改築工事が今年の10 月ですべて完了し、一般内科病棟、重心病棟が新しく生まれ変わります。現在の重心病棟は昭和50 年から52 年にかけて建設された建物ですか
ら実に40 年ぶりの改築工事です。今年の秋には皆さまを新しい病棟にお迎えできますことはこの上ない喜びでございます。これを機に職員一同初心に帰ってより良い病院づくりに努めて参ります。ご家族の方々、職員の皆様のご協力を宜しくお願い申し上げます。
「レリゴー、レリゴー」世界中、日本中の街中で口ずさまれました。「これでいいの」、という意味でありますが、監督が女性、ヒロインが二人の女性であることが注目されました。既成の女性のイメージを離れ、強い女性が描かれ、「人生を切り開くのは自分自身、変えるのはあなたです」、と訴えているようです。

うみがめ15号(PDFファイル)

  1. 理事長・院長あいさつ
  2. 副院長・総括部長あいさつ
  3. 療育活動報告
  4. 松かぜ・編集後記

過去の記事

このページの先頭へ

広報誌:うみがめ

お問い合わせ・外来のご案内
0987-23-3131
各診療科の受付時間(担当医師)はこちら
午前/8時30分~12時00分
休診日/土曜・日曜・祝祭日・年末年始但し、急患の場合は診療いたします
  • 患者さまからの声
  • 外来診療日程表
  • 交通アクセス